あなたはあなたのために

基本的なことを今一度書きなさい。 そう聞こえる朝。 手が動くままに書くことにしよう。 私はいつか、許せない人がいた。 それは地球時間でいえば数年に渡った。 苦しかった。 ある時目にした言葉。 “あなたのために、相手を許すのです。相手を許さない限り…

涅槃

昨年12月辺りから、瞑想会等の主だった表向きの活動は自然と休止状態だった。 年が明けて2月のあたま、意図してそうした訳ではないが、私はこの人生において3度目の涅槃入りを果たしそうになっていた。1度目は最初の悟りで、2度目は3〜4年前に、そして今回だ…

許しありがとうに気づいて伝える

私が日常の中で大切にしてきたことのひとつに、相手にして貰ったことを当たり前に思わない、して貰ったらありがとうを伝える、があります。 我が家では示し合わせた訳ではありませんが、日常的にありがとうを伝え合う習慣があります。仕事をしてくれてありが…

隠された教え

隠された教え、を書きすぎたのか今しがた一気に書いたものが消えました。単なる操作ミスやバグではなく、エネルギーが動いて消えてしまいました。覚醒した先の先の先のことを書いていました。ここで言う先とは時間軸上の先ではなく、連鎖としての宇宙の次の…

独り言のように 2

夜中2時14分 これを書いている この記事をweb上にアップするかどうかは 書き上がってから決めることにしよう 誰にも向けない言葉は 自由に書ける いや まぁ いつも自由なんだけれど 更に透明になる 普段とそう変わらないか そうだね ただ もっと静寂がある …

独り言のように

私がこの何年間かTwitterやブログ等で 私の体験の話しをしてきたのは 私のことを知ってほしいからとは少しちがう そもそも“それ”そのものであるとき 体験した個人は同時にないわけだから “私の体験”という、こんな一言でさえ成り立たない 方便なのだ ただ 全…

無題

最近益々言葉にするのが難しいです。 表れたものすべてが、今そのままでいい。 それが空の、神の表れだから。 そしてそんなシンプルなことを 言葉にすることが難しいと書くことさえも 空の表れだから。 ⑵やがては自我と空は同一のものと気づくでしょう。空か…

ネガティブもポジティブもない

起きていることは ただただ中立であり 意味と言うのは個々の 見方によってつけられただけのもの ネガティブな解釈も ポジティブな解釈も 見方のひとつ 起きていること自体はそのどちらでもない そのどちらでもない視点のとき 意味付けをする個が極めて薄いと…

死の体験とその後

体験の情報と言うのは、役に立つ場合とそうでない場合がある。 それはこの世で視点を持った時点で陰陽の両極が発生するから自然な事である。 何を読んでも体験に囚われてはいけない。 体験談は体験した事に対する認識の合致(答え合わせと言う比喩でもいい)の…

多次元意識

一昨日友人に会うために京都へ向かい、一泊して帰ってきた。 道中、つくづく私は体感はあっても精神世界的な用語には疎いなと俯瞰していた。疎いというのは良くも悪くもなくて、ただそれにより3次元の中で起こる誤解について観察していた。 言葉というのは、…

物質と時空を超える

いつものようにベッドに入るも、眠気がこないのでブログの編集ページにこうして文字を打ち込んでいる。 そもそも人間は、真我そのものである時眠ることはない。食べることもない。眠ると眠らない、食べると食べないという二極を超えてしまうから。 真我その…

あなたの気づきは唯一無二

先を行く人だけがグル(導師、教師)であるというのは地球的概念である。 そもそも宇宙的視点で観ると、後とか先とか上とか下とか過去とか未来はないですから。 球体が目の前にあるとするでしょう?今、ここが上、頂点と決めても、ゴロンと転がしてしまえば上…

DNAから見える反応のパターン

瞑想によりDNAを観察していた。人間は動物的な本能の反応と、意識的な解釈が連結して、他者と自分に対する思考感情に繋がっている事がDNAから見える。 例えば火を触ったら熱い→触り続ければ皮膚が損傷する→だから触らない、という動物的な判断(反応)が火に触…

瞑想によりプラーナを満たす

人間は多重構造である。 肉体には何層かのエネルギーボディが重なって存在しており(重なるとは比喩であるので‥多次元的に同時に表れていると言ってもいい)、 同時にチャクラというエネルギーを出し入れするエネルギーセンターと エネルギーの通り道であるナ…

しっくりくる選択

目覚めたとき(悟り)、すべては認識したことに思考感情で意味をつけただけの幻想であった。と、体感した。 それは私と言う個人に起こることではなく、個人が消えた時に思考を超えたそれが知る。 知るというよりは、最初からずっとそうであった。 いや、最初も…

すべてが良くも悪くもないなら

すべてが良くも悪くもなく、すべてが認識の幻想なら、何をしてもいいのでしょうか? 戦争や人殺しもよいですか? こんなご質問を受けた事がある。 覚者の段階によっては、それすら認識、何も起きてない。と言う。 そして覚者のこの話ですら良し悪しはないの…

すべてが、それでいい

精神世界もスピリチュアルも、しばしの間肉体を通して体験される世界が、満ちたものであるようにとのきっかけだ。— くぅ。 (@kuujigen) 2016年8月14日 散々悟りについて語っていながら、どういったことだろうと感じる方も中にはいらっしゃるかも知れない。 …

ブログの広告で出るヒーリング等のご案内は…

ブログを再開してから数日、たくさんのアクセス件数に感謝しております。読んでいただいてありがとう。 今、気付いたのですがブログ記事のトップにヒーリングだとか解放のワークの案内の広告が表示されていますが、 私のエネルギーワークや会とは一切関係が…

言葉はきっかけ

それを今しかないって、先人は表現したんだと思うよ。でも、もっと言ってしまえば、今も認識だから、今すらない。とにかくね、言葉に引っかかって訳が分からなくなるようなら、全部忘れた方がいい。答えなんてない(答えを掴むのも思考だから)んだから、キミ…

悟りは 言葉にはならない 9

悟り後の在り方を観察して 私は この体を通して体験される小宇宙が とても幸せになった。 たとえ、ふと 日常で些細な心の動きで苦を感じても、 好きなように無我にも入れる。 そこに苦は継続できない。 この世は神の 体験場であるが、 なるべく翻弄されずに…

悟りは 言葉にはならない 8

悟り後、すぐにすべてが楽になるわけじゃあない 視点が大きく変わって 人の世とのギャップをに戸惑う心も 洗い流していく必要がある。 それに、現代社会では、聖人みたいにすべてを受け入れていれば生きれる仕組みになってない。 例えば、山のように仕事がや…

悟りは 言葉にはならない 7

時代が時代なだけに、悟り後の赤裸々さも書く必要があると、手が自然とこれらを書く。 世の中の悟りの話しは きれいなだけが多いだろう。 そこに、悟り後の方がまた苦悩する。 ずっと愛でいられない私は、ダメだ… なんてループにはまる方もいる。 人の世にい…

悟りは 言葉にはならない 6

Twitterとかブログとかやってると こういうことがたまに起こった。 悟りを伝える以外に体が残った理由がなかったのに 伝えても伝わらないことが起こることに なんどか嫌になった。 嫌になるのも、心の働きであるから、 それはまた内観して昇華する。 そして…

悟りは 言葉にはならない 5

悟りを表す言葉がないのに 悟りを伝えるパラドックスに 色々調べたところ 現代で悟ったと言う人のいくつかの文献を見た。 悟りの瞬間、全部が私でした…! とか書いてある。 ふむふむ、私すらいないが、全部私と言うのか。 それが、ないものをあらわす言葉な…

悟りは 言葉にはならない 4

母は言った。 そんな訳ないじゃない。 悟りなんて、もっとこういうおじいちゃんが、なるやつよ。 ……… だから、おじいちゃんもあなたもわたしもいないのだ どうしたらいいのだ それから、私の布教活動(笑)はぼちぼち続く事になる。 しかし、すべては采配では…

悟りは 言葉にはならない 3

話して行きなさいったって 誰もいなけりゃ それを表す言葉もない。 しばらくして 梵天はPCを開き 検索した。 キーワードは 無 誰もいない 愛 か なんかだったと思う。 出てきたのはWikipediaだった。 ラマナマハリシとか、ラーマクリシュナとか、そういうお…

悟りは 言葉にはならない 2

宇宙の源から、もう一度生活に戻るまでは中々大変であった。 正確には、大変と感じられる個人意識がないから、なんと言い表したらよいのか難しいところではあるが、 何もなき源から、分離を作ることは ただの独り言でしかなく 永遠に自分で自分に話しかける…

悟りは 言葉にはならない

この数年の間に出会ったあるヨーガ行者がいる。 何十年とハタヨーガを実践し、稀少な虹の体(ゴールドドラゴンボディ)に至った行者だ。 彼は話しの中で言っていた。 「人間は肉体の死の瞬間、人生を走馬灯のように見ると言います」 悟りと言っても、この世の…

悟りに至るまで

短い人生で、人間に起こりえるだいたいの苦を体験し(プロフに書ききれない背景があります) やがて自分を救うのは 自分の心でしかないと気づき 1年〜1年半、起きている間のすべてを心の観察に費やした。 ほんとうに、寝る、食べる、トイレ、風呂、以外のすべ…

くぅ。プロフィール

幼稚園の頃からおもちゃを取り合って喧嘩をしているクラスの子を見て、順番を決めて交互に使えば二人とも平等に遊べるではないか。等、度々世界に対する冷めた視点を持っており、争う意味が分からなかった。人の思っていることがなんとなく読めてしまうなど…