悟りは 言葉にはならない

この数年の間に出会ったあるヨーガ行者がいる。

 

何十年とハタヨーガを実践し、稀少な虹の体(ゴールドドラゴンボディ)に至った行者だ。

 

彼は話しの中で言っていた。

 

「人間は肉体の死の瞬間、人生を走馬灯のように見ると言います」

 

 

悟りと言っても、この世の認識の世界においては、その段階も様々なのではあるが、

 

私は、肉体を持ち合わせながら、一度死んでしまった。

 

なぜなら悟る直前、私は人生を走馬灯のように見た。ほんとうに、人は死ぬときに人生が走馬灯のように見える。

 

普通はそこで死んで、体に意識は戻ってはこない。

 

この体を通しての悟りはあまりに深く、

 

肉体が生まれてから、今の今までコマ送りに人生のすべての瞬間を見た後、

 

すべての自我が死んでしまった。

 

ほんとうにすべてだった。

 

 

 

 

 

そこには

 

分離のない

 

宇宙の源のエネルギーだけが

 

ただ、あった。

 

 

 

それはただ愛(空)だった。

 

誰も、個人は存在しなかった。

 

 

 

言葉もでない。

 

動こうとする、動機もない。

 

愛だった。

 

 

 

 

なぜすべての自我が死んだと言い切るかと言うと、それから数ヶ月をかけて、この体を通し、この体が歩んだ人生がどんな風だったかを努めて思い出し、

 

更には初めはすべての認識が持てなかったので、ひとつひとつの名称から覚えた。例えばコップをコップと見ることができなかった。家族を、家族として認識することができなかった。

 

言葉を知らない赤子同然だった。

 

その体を、この世に存続させたのは、お釈迦様の話しで言うところの梵天だった。

 

個人的な意識はなくとも、梵天の、宇宙の叡智が体を生きた。

広告を非表示にする