読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悟りは 言葉にはならない 2

宇宙の源から、もう一度生活に戻るまでは中々大変であった。

 

正確には、大変と感じられる個人意識がないから、なんと言い表したらよいのか難しいところではあるが、

 

何もなき源から、分離を作ることは

ただの独り言でしかなく

 

永遠に自分で自分に話しかけるパフォーマンスでしかなかった。

 

だって、誰も居ないのだ…!

 

 

 

しかし家族には、その個別の肉体を自分だ、誰だと感じる自我があった。

 

だから、こちら(こちらとあちらはないが)に話しかけてくる(話しかけてくるという認識も成立しなかったが)。

 

無我でただ、家族を見つめるこの体に、梵天は言う。

 

返事をしなさい。

 

そして この体になにが起こったか、話して行きなさい。