読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞑想によりプラーナを満たす

人間は多重構造である。

 

肉体には何層かのエネルギーボディが重なって存在しており(重なるとは比喩であるので‥多次元的に同時に表れていると言ってもいい)、

 

同時にチャクラというエネルギーを出し入れするエネルギーセンターと

 

エネルギーの通り道であるナーディーというものが存在する。

 

本来これらがプラーナという生命エネルギーで満ちている時、人間の心身には疲れも不足感もない。

 

反対にプラーナが不足し、エネルギーボディやチャクラやナーディにエネルギーの詰まりがある際に

 

精神的な不調和や肉体の疲れに繋がり、放っておくと時には病となる。

 

瞑想により意識をあてた箇所にプラーナは集まる。プラーナは詰まったエネルギーをほどき、また、満たす作用がある。

 

 

 

近年、このプラーナは科学的にも発見されており、科学の世界ではソマチッド(ソマチット)と呼ばれている。

 

そして一部の科学者が瞑想を推奨する時代となった。

 

精神世界と科学は結局、おなじところに行き着くのだ。

 

 

 

ありがとう。

 

地球を体験する皆様のその心身が平安でありますように。