物質と精神のバランス

あなたが今衣食住が充分に整っているなら、苦しみとは思考感情から来ている。お腹が空いているのに食べるものがない、とか、寒いのに着る物がない、とか、暴力に耐える日々を送っている、とか、そういうことは、まず物理的な側面から状態を変える必要がある。

 

この社会にいながら精神探求に目を向けると、人によっては行動と精神観察のバランスが微妙になってしまう場合がある。例えば暴力を受けているのに、この事象はどこから来ているのか、と観察だけでなんとかしようとしたり、スピリチュアル界で言われるようなアファメーションを駆使して状況を変えたりしようとする事はそれにあたる。建物に例えるなら目の前で火事が起こっているのに、なぜ火がついたかを観察しているようなものだ。火は、とりあえず消せよ。ということなのである。

 

物理的な対処をし状況を整えてから、その事象の全容を見て何を感じたのかを観察するのが精神探求だし、それが逆であると単に地に足のつかない人間になるだけだ。

 

それからこの社会に生きる以上、スペシャリストになる必要はないが、ある程度のコミュニケーション能力はあった方が良い。それは明るく、どんな人とでも関わろう!というようなそんな話ではない。別に1人で居るのが好きなら、そういう選択は勿論アリだ。

 

ここで言うコミュニケーション能力とは、シンプルに言えば人と関わった時に最低限ここが抑えられていれば、コミュニケーションは円滑ですよ、というお話。単に人の話を聞いていないだとか、相手が分かるように伝えられてなかっただけのことを、精神観察(内観)だけでどうにかしようとしても、同じような事象が繰り返されたり、苦しみが繰り返される。

 

ジャッジメントなく相手が何を言わんとしているのか耳を傾けてみること、また、自分が何を考え感じているのか、明確に伝えてみること。

 

 これらの行動、コミュニケーション、精神観察、そのバランスに着目してみるといい。

 

また精神と物質体(肉体) は一続きのものであるので、物質体が不健康になるような食事をし続けて、精神だけ観察してもそれもまたバランスとしては欠けている。体は食事や習慣で作られるし、体の状態はダイレクトに精神に影響している。

 

食事に気をつけなきゃ!と思いすぎるのは単に心身の緊張になるし、食事に対する良し悪しのジャッジメントは新たな観念を生み出す場合があるから、そういう視点ではなくて、できる限り体に優しくあろうと心がけて食事を選んでみることが大切かと思う。

 

添加物の入ったものを食べるなと言っても、この社会にいると他にやること、考えることが沢山あったりして、食事を選ぶことがままならない時もある。勿論添加物等をとらない方が体の為には良いけれど、絶対ダメとして自他を見張っていると、それはただ精神的に新しい苦しみを生むに過ぎない。

 

また、誰かにとって合う食事が万人に合うとは限らないことも覚えていてほしい。この世に“絶対的に良いこと”も、“絶対的に悪いこと”も、いかなる側面において存在しないことを知った上で、“今の自分に合うもの”をその都度選択したらいいと思う。

 

選択として、満ちる感じがするなら、食について色々こだわってみる選択もいいと思う。

 

その都度の選択の自由を自他に与えながら、 行動、コミュニケーション、精神観察、そのバランスに着目してみるといい。 

 

精神探求、観察は戒める事ではないよ。自分を構成しているその人間という小宇宙を、ただ純粋に知る作業だ。

 

どうあっても、どの瞬間にも優劣はないよ。

ただ、知ること。ただ、感じ尽くしていくこと。

 

 

くぅ。(@kuujigen) - Twilog

 (表示するツイートをReplyを除く設定でご覧いただくと見やすいです。)

 ※個人セッション・瞑想会・WS等のお知らせはtwitterにてご覧ください。

内的観察

内的観察とは、地道なものです。地道だけれど、それは確かに苦からの解放の道のひとつだと思います。その過程で観察する視点が全体に溶け去り、そこに真我が現れる。

 

真我が現れたら、そこでゴールなのではなく、本質からこの物質世界を体験して行く始まりです。それまではいつかどこかで取り入れた観念によって選択と体験が繰り返されます。観念というのは時代や環境、関わる人間関係等において移ろいゆくものですから、観念を主軸にしていては人の心はずっと移ろいゆくものに翻弄されてしまいます。

 

こうでなければならない、これは良くてあれは駄目、そういった考え全てが観念です。また、得たい、失いたくない、という執着によっても人の心は揺さぶられます。

 

良い悪いというジャッジメント、得る失うという認識から派生した執着、それらが無ければ無いほどに、人の心は平穏だと言えます。

 

なぜ良いと思ったのか、なぜ悪いと思ったのか、なぜ得たいと思ったのか、なぜ失いたくないと思ったのか、心の動きを観察して行くこと。そこに様々な気づきがあるでしょう。

 

いつもセーブしてしまう心の動きもまた、いつかどこかの体験から覚えた反応パターンです。本当は〇〇と言いたかったのに、逆の事を言ってしまった、言いたいことが言えず、黙って飲み込む癖がついて本音を無視してきた、等。

 

そう言ったことに対してもなぜそうして来たのか?と観察して行かれると気づきがあると思います。

 

上手く観察できる日もできない日もあるでしょう。できるのが良くて、できないのは悪い、というのもまたジャッジメントです。ジャッジメントは新たな緊張を生んでしまいます。結果にとらわれず、ただ観て行くことが大切です。

 

観察して行かれると、何重にも蓋をして来た感情が噴出して来ます。感情はただエネルギーであり、どんな感情にも良い悪いはありません。ただ、出てくるのを許してあげてください。感じ尽くしてあげてください。感じている最中は時に、その感情に飲み込まれてしまうような感覚になるかも知れませんが、先にお伝えした通り感情はただのエネルギーです。感じ尽くしてあげると、文字通り尽きる時が来ます。

 

これらの繰り返しにより、徐々に観念が薄れて行くのです。

 

 

くぅ。(@kuujigen) - Twilog

 (表示するツイートをReplyを除く設定でご覧いただくと見やすいです。)

 ※個人セッション・瞑想会・WS等のお知らせはtwitterにてご覧ください。

今朝の気づき

「苦しみというのは、本能なんだよなぁ‥。」と、いう観察と共に目を覚ます朝。私はこの個体で目を覚ます毎朝、それは気づきと共に始まる。寝ても覚めてもそこには瞑想状態があり、ずっと何かに気づきながら日々を暮らしている状態だ。常にふたつ以上の認識を持ってその瞬間を、見ている。ひとつは事象への認識、ひとつはこの個体(肉体)に生じる視点やその感覚への認識、ひとつは相手という相対的な個体のエネルギー情報、そしてそれらを成り立たせている多次元の仕組みを“同時に見ている”。もちろん、その場を体験するには情報量が多すぎる場合には、どこかの領域が遮断されている場合もある。一個人としての単純な反応を示す時もある。どういう状態が良いとか悪いとかはない。

 

体験というのは、視点の拡がりと狭まりの行き来だと思う。伝達であり、認識だ。“私”という感覚は全体にも、個体にもあって、どこで見るか、どこで感じるか、が“その瞬間の体験”となる。私という感覚に同じ瞬間なんて無い。微細に見たらそういうこと。

 

周囲に存在するエネルギーリーディングをする方が時折私(という個体)を見ると、宇宙が見えると口にする事がある。そう言われた瞬間「そうなんだよ」と、多次元的に認識し、思い、そう答える。私は個人であり全体で、そこに宇宙としての表現があるのみで、ただそれだけだ。でも何故今も尚体験しているかといえば、この個体とそれぞれの個体から見える視点を拡げていくことが宇宙の始まりでる私がしたかったことだから。私は私を知る、それだけのために沢山の個体、沢山の視点を生じた。しかし同時にそれに対する執着はない。

 

話は少しそれたけれど「苦しみというのは、本能なんだよなぁ‥。」という今朝の視点の話。そもそも人間が苦を嫌がるのは、生存本能なんだ。嫌がるという反応がもし無ければ、その個体や種は簡単に滅びてしまう。暑すぎる事、寒すぎる事、を無意識レベルで嫌と感じ避けようとするし、そういう反応が派生して、大切にされない時、認められない時、苦という反応が生じて来る。

 

で、私(という個体)の場合、約10年前の最初の覚醒時にこの本能をも超越してしまったが為に、物質的にその肉体を生き残ろうとする反応すら生じなかった。そこにはもう個人としての生死という感覚がないからだ。仮にこの個体がひとつ滅びたところで、私という全体性は消える訳ではなく、その時の私というのは個体の反応を超えたただ“それ”だった。

 

が、しばらくして生じたのは、その個体がこのタイミングで滅びた場合、どのような連鎖がエネルギー的に波紋として拡がるのかを見たが為に、ある領域まではこの個体を保つことにした。個体を保つには、生死の無い領域から、“物質的に滅びないように気をつける”という意図が必要だった。最初その意図は難しかった。生死が無いのに、滅び、つまり物質としての死を避ける、という矛盾を生じさせなければならないからだ。無いものを有るとさせるとき、結構なエネルギーがいる。宇宙にねじれを生じさせるという事は、エネルギーがいる。このようにして、生き残る本能を再び私は構築した。

 

“生き残る本能”を使って、第二の人生の始まりを体験しているうちに、生き残る本能を使っていることをすっかり忘れていた。私は今朝右側のナーディーの詰まりを見ていた。ナーディーの詰まりを見ていると、そういうものが見えてきた。

 

生死の無きところから“ただ在る”を、もうひとつ違う領域で今なら表現できる感じがしているんだろうな。物質というかっちりとした感覚からホログラムとしての感覚により重きを置いた方に。“生死は無く(この次元に)現れている”という感覚に。

 

移行してきてるからと言って、それがすぐさま変化する訳じゃない。使ってきた感覚というのは、一進一退しながら移行するんだよ。それはあらゆる領域において働くバランスだ。

 

瞑想による観察メモ

今回の記事は誰かに読んで頂く目的ではなく、記録として書かせて頂きます。

 

瞑想による観察メモ。

虹の身体とゴールドドラゴンボディ(ゴールドフェニックスボディ)では、経由している領域がちがう。とてもとても大まかに言えば虹の身体は涅槃入りの手段のひとつだが、ゴールドドラゴンボディは非物質化と物質の範囲を行き来できる。(実際には行き来という相対的な表現ではおさまらない。周波数の違いだから。グラデーションのようにそれらはひと続きである。)虹の身体はある意味一方向に向けたエネルギー状態だ。開いてる領域が異なる。私はこの身体を持ってどの辺りまでの探究が進むのかは未知だし、師もいないので、手探りでしかないが、身体がある限り、意識がある限りは、今後も探究は続くだろう。それは探究したいとかしたくないを超えている。ただそのように在るだけだ。

 

(ちなみにゴールドドラゴンボディにも更に段階がある。それをゴールドドラゴンボディと呼ぶなら、ということも含めて‥。)

 

そして、私の感覚でしかない言葉を、理論的にやがては伝えるものが現れる。宇宙のバランスによって(そこまで体験宇宙が開かれれば)。既に科学的な視点で語れるマスターも存在するようだが、個体が違うから、表現も視点もまた異なるのだろう。 

 

数年後には今日書いたことが私の中で古くなるのは知っている。だからいつからか気づきの軌跡を公開しなくなった。この言葉さえ、また古くなるのだ。

 

古くなるというのは悪い意味ではない。ただ、自然の流れのように常に変化していて、同じ瞬間は二度とは訪れない。

 

でも二度と訪れないから紡ぐ目的で公開しておこうという感覚が生じた。

 

誰も、何も、掴まなくていいよ。

気づきに終わりがないことは祝福だ。

 

非物質化の観察が進むにつれて、物質世界にも以前より興味の幅が広がってきた。それもまたバランスだ。

 

執着なく

ただ 知る。

2019年、諸々。

 2019年、明けました。

今年も皆さまそれぞれの体験宇宙が、心身ともに満ち足りたものでありますよう。

 

近況。読む方によっては今更かもしれませんし、また読む方によってはそんな方法があるんですねと言う認識になるかもしれませんが、一昨年か昨年あたりから度々音声入力でメモなどに文字を書くようになりました。

 

音声入力でブログを書くのは今回が初めてですがなかなか便利なものだなと思います。言葉で話すようなスピードで文字が起こされると言う様子を見て、それだけ文明が変化しているのだなぁと思います。

 

紙の上となると手書きのほうが温かみがあったりするかもしれませんし、読みやすさスピードと言ったらこういった技術の発達を使ってみるのも面白いですね。ちなみに私はiPhoneからこれを書いています。

 

 

唐突ですが、私は意識の探求過程で集中的にチャネリングでメッセージをおろしていた時期があります。その時にいくつかの真理の断片をチャネリング先から教わってきた部分もあるにはあるのですが、真我覚醒したときに一瞬でふに落ちたのは、メッセージを送っていた意識存在すら“大なる私”の一部であり、チャネリングと言うのは相対的な認識があるときにだけ成り立つものだと理解しました。

 

“私と言う個人的意識”とメッセージを“送る側の意識がある”、と言う“相対的な認識”の中にだけそれは起こり、その相対が統合され、ひとつの意識である時、メッセージを“送る受け取る”と言う状態が幻想だとふに落ちるのです。

 

 今の私と言うのは以前で言うチャネリングが日常の言葉、私の言葉、自動手記メッセージが、私の言葉となっています。だから思考しなくても話ができるのです。やってくる言葉が私の言葉です。細かいことを言うと、やって来る来ないもなくぱっと生じます。そこに距離は無いのです。

 

また“私”と書きますが、それは便宜上のことで個人的な私を指していると同時に個人的な私は居ないとも言えます。

 

そしてこのように書くと人によってはですが、その様を高次元意識に意識が統合して神そのものになった、と意味付けされることがあるかもしれませんが、私の中には高次元低次元、またどちらが良い悪いと言う認識はありません。

 

また体ある限り意識の拡張に(気づきに)終わりはないと思います。体ある限り一生学ぶと言えます。そして現段階でどのような現れであってもそこに優劣はありません。また善も悪もありません。

 

覚醒したから覚醒していない人より優れているわけでもありません。そもそも覚醒するしないと言うことが認識なのです。既に今皆さんは覚醒しています。それそのものなのです。それを遮断しているのが、自我による、観念による、概念による、認識なのです。

 

そして自我と言うのは劣ったものではありません。この物質世界を体験するには必要なツールでしたし、覚醒後も個体による認識を自我と呼ぶ事もできるでしょう。

 

自我+どのような認識解釈かが、その時そのように現れている私、その人、と言うことができると思います。

 

ですから意識の探求過程で自我、観念、概念による解釈があるから私は劣っているあの人は劣っていると言う、そういった二次的な解釈にはまらないよう気をつけていただきたいと思います。

 

すべての状態はただそう在るだけです。現れが違うだけです。その現れをチョイスできるのが人間なのです。自然界の動物もまたとても素晴らしいものですが、認識を意図的にチョイスすると言う選択を与えられたのは人間と言う個体ならではでしょう。

 

人間にはたくさんの可能性がありますが、人間の複雑性ゆえに1つの認識にはまったままなかなか抜け出られないと言うことが、生じることもあるかと思います。 

 

そんな時にこのブログがヒントになることがあれば幸いです。

 

長くなりましたが、最後に今朝浮かんだメッセージを書かせて頂き終わりにしたいと思います。

 

 

————————

 

 

表現の違いがあるのは当たり前である

 


同じ言葉遣いであってもどのような認識ニュアンスでそれを語ったかは人それぞれである

 


認識やニュアンスが異なるのはそれまでの人生で培ってきた体験が全く異なるから

 


言葉の背景が全く違うのに言葉尻だけをとって正しい間違いと騒ぎ立てるのが多くの人間だ

 


まず言葉の背景にある前提が異なるだろうことを理解した上で話をするべきだ

 


それだけで大概の争い事はなくなる

 


誰が正しい誰が間違いと言うそういう物差しで最初から見なくなるから

 


人間は自分が正しいまたは間違っていると言う幻想の中に生きている

 


正しい間違いと言うのはその時々でいともたやすく変化してしまう無常のものと理解すると良い

 


 


人は時に自分が理解をされないと嘆くが

それでは自分はどれだけ相手を理解しているだろう

 


例えどんなに仲良くて何年付き合っていようと

相手に対する知らないことなど出てくるものなのに

 


ぱっと知り合ってそんなに時も経ってない相手からたやすく理解されることなどあるだろうか

 

 

 

くぅ。(@kuujigen) - Twilog

(表示するツイートをReplyを除く設定でご覧いただくと見やすいです。)

 

理由などない

理由とは思考の紐づけだ

思考が止む時にだけ真我は現れる

真我に理由はない

ないのだ

 

自我からは生と死があるように見えて

生を良しとし

死を避けようとする

しかしどちらも生じていない

生も死も幻想だ

 

身体というのも視点でしかない

どこからどこまでが身体なのか

身体と思う時

身体が在る

 

世界とは認識だよ

認識した時に見る事ができる

 

真我には虚しさもない

幻想に対する虚しさもない

 

真我と幻想は同時に在る

真我は真我だけでは真我を知ることはないから

しかし真我が真我を知る時真我という言葉もない

そこには何も生じていない

 

安心して意味をつけるといい

そこに何の意味もないから

安心して幻想を体験するといい

それは幻想でしかないから

 

 

 

くぅ。(@kuujigen) - Twilog

(表示するツイートをReplyを除く設定でご覧いただくと見やすいです。)

真我

私は誰でもないということ。

f:id:kuujigen:20181004074904j:image

個人的な“これが私”と感じている意識は、一つの葉がこれが私、と思っているようなものです。気づきによって視点が拡張してゆけば、私とは葉であり木全体であり、土であり水であり空気であり太陽だと気づくでしょう。境目なんてなかった。境目をつくったのは視点でしかなかった。

 

個人的視点、その意識が全体に溶け去ったら、ただ真我が現れる。

 

 

 

 

くぅ。10月14日瞑想会(@kuujigen) - Twilog
(表示するツイートをReplyを除く設定でご覧いただくと見やすいです。)

※毎月一回瞑想会を開いております。
又、個人セッション等随時開催しております。
お知らせはtwitterにて。