あなたはあなたのために

基本的なことを今一度書きなさい。

そう聞こえる朝。

手が動くままに書くことにしよう。

 

 

 

私はいつか、許せない人がいた。

それは地球時間でいえば数年に渡った。

苦しかった。

 

ある時目にした言葉。

“あなたのために、相手を許すのです。相手を許さない限り、その思いに苦しむのは自分でしかありません。あなたのために、相手を許すのです。”

 

腑に落とすには、少し時間がいった。

自我は抵抗した。許さないことで、辛かった自分を守っていたからだ。許したら、自分がどうにかなってしまいそうな気さえした。

 

しかし次々と同じような言葉が、色々なところからこちらに入ってきた。人から聞く話やテレビや本。不思議なくらいに、目につく。また、目につく。抵抗しつつも少しずつ、それを認めて行くしかなかった。

 

私は忘れないように、毎日唱えた。毎日読んだ。許し方なんて分からなかったし。

“あなたのために、相手を許すのです。相手を許さない限り、その思いに苦しむのは自分でしかありません。あなたのために、相手を許すのです。”

 

私は、私のために、許します。

私は、私のために、許します。

 

色々な言葉で、自分に言い聞かせた。

言い聞かせることは、抑圧とは違った。そうやってすり込み、思考回路を少しずつ変化させていったのだ。

 

数ヶ月繰り返している内に、少しずつ許せない思いが溶けて行って、やがて私は私の思いから解放された。

 

それからまた数年経って、あるきっかけからその許せなかった相手に再会した。その時は想像していたより穏やかに会えた反面、付き合いを進めると、やはり腹の立つ人だった。根本的に精神性が合わないのだ。しかし、その場で腹は立ったが、責める気持ちはそう続かなかった。私は私のために、多くを許し上手になっていた。そしてそれと共に、私は潔くその相手との交流を絶った。許す事と、状況を受け入れ続ける事はまた違うのだ。

 

それからも様々な場面で私は私のために多くを許し、私は私のために私が幸せである、楽である選択を続けた。私が平和なら、私の世界は幸せだ。そうやって私が私を幸せにしてあげる事を続けながら、沢山の自分の観念を観察し、掘り下げ解いて行った先に、悟りがあった。まるで玉ねぎを剥き続ければ何もないように、掴んでいたものは何もなかったと、思考でも認識でもない“それ”が、ただ在った。怒涛の愛のエネルギーがハートから溢れて、内外は一体であった。すべての境はなかった。

 

 

まず、あなたが幸せであれ。

あなたのために許し、あなたのために選択し、不足ではなく足りてるものに気づきなさい。足りてるものに感謝しなさい。

 

そして時には感謝できない日も、やっぱり誰かを責めてしまう日もあるかもしれない。そんな時は自分を許しなさい。自分を労いなさい。あなたはあなたのためにあなたを許しなさい。

 

まず、あなたが幸せであれ。
あなたのために許し、あなたのために選択し、不足ではなく足りてるものに気づきなさい。足りてるものに感謝しなさい。

 

(自動手記メッセージ)

 

 

涅槃

昨年12月辺りから、瞑想会等の主だった表向きの活動は自然と休止状態だった。

 

年が明けて2月のあたま、意図してそうした訳ではないが、私はこの人生において3度目の涅槃入りを果たしそうになっていた。1度目は最初の悟りで、2度目は3〜4年前に、そして今回だ。

 

【涅槃】ねはん
一切の煩悩(ぼんのう)から解脱(げだつ)した、不生不滅の高い境地。転じて、釈迦(しゃか)や聖者の死。入滅。 「―に入る」

 

朝、至福に溶けて、頭頂から抜けて行ってしまう。

 

抜けきれば、この肉体を過ごすのは終わりである。

 

抜けてゆく最中に、毎回選択がある。

 

抜け切るのか、物理次元に残るのか。

 

ふと、残される家族や友人が浮かんだ。

 

そして、この肉体を通して観ることのできる多次元を、せっかくだからもう少し観ていこう、と浮かんだ。

 

これらが浮かぶとき私という個人が思い感じるものとは違う。ただ、そのように浮かぶ。

 

肉体を通し観察を続ければまだ気づけることはあるだろう。好奇心に似た、しかしもっと微細なエネルギーで、私は頭頂から抜けて半分まで行ったところで引き返した。

 

それに、肉体を脱いでの入滅は何回か体験して知ってるから、どうせなら虹の体で物理次元に好き勝手に出たり消えたりが自在になるなら面白い、とは感じる。

 

しかしそこにも執着がないから、どちらでも良いとも思う。

 

涅槃を説明する引用文に、一切の煩悩から解脱したー とあるが、私の感覚から言えば肉体を微細に観察してゆくと、肉体自体が多次元の煩悩で営まれているので、説明とはいつの日も説明しきれないものだな、と思う。ただ、個人的な欲から離れているという意味では、煩悩がない、とは言える。

 

多次元の煩悩とは、多角的すぎて文字に起こすスキルが追いつかないのだが、それは全宇宙の連鎖のエネルギーという表現でもいい。

 

一口に悟りだ目覚めだ気づきだと言っても、それらは無限のように深まり、何段階にも気づける。

 

そして、気づきを含めた幻想だ。

 

なにも掴むことなく、ただ気づきを流していけばいい。

 

川の水のように絶え間なく、流れればいい。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

許しありがとうに気づいて伝える

私が日常の中で大切にしてきたことのひとつに、相手にして貰ったことを当たり前に思わない、して貰ったらありがとうを伝える、があります。

 

我が家では示し合わせた訳ではありませんが、日常的にありがとうを伝え合う習慣があります。仕事をしてくれてありがとう、家事をしてくれてありがとう、毎日そんなやり取りがあります。

 

相手にして貰うことを当たり前としない、感謝を伝える、はどんな人間関係においても大切なことだと感じます。

 

そしてそれにはまず、自分に対しても何かができて当たり前等という観念をほどいてゆく必要があるでしょう。人はまず自分への要求をやめ、自分を許すところから始める事が大切です。そしてそれができたら、同じことを相手にもしていきましょう。

 

自他を許し感謝したとき、人の心は平和です。

 

上記を実践する事であなたの心が、平和になるのです。そしてあなたが平和なら、あなたの世界が平和になります。

隠された教え

隠された教え、を書きすぎたのか今しがた一気に書いたものが消えました。単なる操作ミスやバグではなく、エネルギーが動いて消えてしまいました。覚醒した先の先の先のことを書いていました。ここで言う先とは時間軸上の先ではなく、連鎖としての宇宙の次の反応を語るようなそういったお話しでした。それは多分、秘境の隠された場所などで一部の人間に伝授されているような内容だったかも知れません。

 

情報というのは、全体性に対して開示が早過ぎると破壊にエネルギーが偏ります。しかし、その情報で今ある領域から変容する人もいるので、さじ加減に迷うことがあります。

 

すべては空であると同時に多次元であり、その多次元もまた、どの次元で観るかで次元に対する観え方は幾重にも変容します。

 

在ると実在しないを同時に在るのが、人間に与えられた視点です。

 

今多くの人間は自我を自分だと感じていて、そこから空に目覚めます。目覚めるというか、ずっとそうであったことを再度気づくという表現でも良いかも知れません。どちらにせよ言葉を越えていることですから、言葉はいつも方便です。

 

空においては善悪優劣は存在しません。人間の多くはオリジナルの、または集合的な善悪と優劣に縛られています。そしてその縛りすら良くも悪くもない中立な現象です。ですから、縛られていることと、それらから解放されていることは、空においては差はないわけです。どちらを人の身体を通して体験してゆくかは、自由です。その自由さを人間の視点上では選択できます。

 

私が今朝最初に書いていたことは、今地球で語られている目覚め、覚醒の、先の先のお話し、地球で言われてきたグル(師)が弟子のカルマを背負う現象とその連鎖がない次元の話しを書いていました。今は触りだけしか書くことができません。

 

しかし、この触りを書いておくこともまた、宇宙の在りようの中で必然であるのです。

 

それではまた、必要なときに出会いましょう。すべての出会いに感謝します。ありがとうございます。

広告を非表示にする

独り言のように 2

夜中2時14分

これを書いている

 

この記事をweb上にアップするかどうかは

書き上がってから決めることにしよう

 

誰にも向けない言葉は

自由に書ける

いや

まぁ いつも自由なんだけれど

更に透明になる

普段とそう変わらないか

そうだね

ただ

もっと静寂がある

 

独り言として

10代の終わりから何かを書くのはすきだった

時に殴り書きのように

時に詩のように

たくさん書いたとおもう

 

Twitterなどで何回か話してる通り

わたしは人生の色々な体験が重なって

高校は出ていない

人としての学びはたくさんあったろうが

机上の勉強は途中からほとんどしてない

 

人として

人と同じように生きないことへの

焦りや不安は充分にあった

 

でもどうだろう

あの頃独り言を書きまくったおかげで

少しの文才が身について

更にはそれが内観となって

勝手に悟りがやってきて

今こうしている

 

観察力が

尋常ではないのだと

誰かに言われた

そうだろうか?

わたしは

もう生きるか死ぬかくらい

辛かっただけだ

心を観察して

自分で自分を解放してやる他なかった

なんでも

何回もやれば

その部分は極まる

ただそれだけ

 

いつか死ぬのに

なぜ苦しんでまで生きなきゃならないのか

疑問だったんだよ

あの頃はただそれだけだった

 

 

 

悟るまでの話しの中で

善業を心がけて

求めず与え感謝した

ってあったでしょう

 

あの頃の方が恐らく

人格的には聖人のようだったんでしょうね

誰かの描く聖人

 

この社会にいては

聖人のように生きていてもダメだ

って表現を私はいつかしたと思う

それは決して聖人を否定してる話なんかではない

私が人の為に命も捧げれる程に

自我が落ち愛に満たされていたときに

幼なじみたちが戸惑った

私と友の精神の在り方に

開きが生まれすぎて

職場の人にもたぶん

私は馴染みづらい人間だった

 

なにかその時

私だけ感謝に溢れ満たされていても

ある側面では

独りよがりだとおもった

その頃の私は人の喜びが私の喜びだったから

周りが嬉しくないのなら

それはただの独りよがりだ

当時はそう感じた

 

結局皆んなが求めるのはただ普通に

私が私としてあるだけで

それだけだった

 

その時

何事も行きすぎるのは

歪むものだとおもった

その社会での、中道

 

そして別の社会では

聖人のような在り方でよかったとおもう

そういうものが

求められた社会では

 

今はあの頃ともまた意識がちがうから

自分が好きなように在れば良いだけだとおもう

聖人でも凡人でも全て、空の表れなのだし

 

私は探した

当時探していた

自我が極めて薄い中で

何がこの社会にナチュラルで

宗教的に感じてしまうような誤解もなく

みんなが己を縛る心から解放されるのかって

指導者と教わる者のような垣根もなく

重々しさもなく

でも耳を傾けたくなるような

 

ひとつだけ人間の共通点を見つけた

楽しくて笑うのが嫌いな人は

そういない

楽しい話しなら

みんな遊びながら

気づいていくよね

 

クソ真面目なジョークのひとつも言えないそれが

内観から今度はトーク術を観察した

周りの人が

笑うようになった

 

そうこうしてる内に

子どもの頃一生住むことはないだろうと思ってた

東京に移り住むことになった

移り住んでしばらくは専業主婦だった

その頃頻繁にTwitterで真理をつぶやくようになって

 

広告を非表示にする

独り言のように

私がこの何年間かTwitterやブログ等で

私の体験の話しをしてきたのは

私のことを知ってほしいからとは少しちがう

 

そもそも“それ”そのものであるとき

体験した個人は同時にないわけだから

“私の体験”という、こんな一言でさえ成り立たない

方便なのだ

 

ただ 全体性の流れの中で

語ることが 流れの一部だった

ただ それだけだ

 

くぅ。という呼び名は

Twitterで知り合った方々にいつの間にか

くぅちゃんと呼ばれるようになって定着したもので

初めは名無しのようにkuujigenというIDだけで

誰に向けるでもなく独り言のように真理をつぶやいていた

 

そうこうしている内に

ひとり、またひとりとフォロワーさんが増えて

そのうちセッションはしないんですか?

受けたいですとのお声を頂くようになった

 

最初はやんわりと濁していて

独り言のように呟くことを続けていた

濁したのは迷惑だったから、とかでは勿論なくて

そもそもやったことがないし

人ひとりの人生に寄り添う立ち位置の

そういうセッションを

そうそう気軽にハイやりましょう!

とはならなかった

 

だけどその頃

セッションを受けたいという

ご要望が止むことはなくて

(その節はありがとうございます)

内からやってくる感覚もそのうち

いつまで やらずにいるのだ?

という、ひろしを無視して進むぴょん吉のように

(ど根性ガエルは再放送で見た記憶)

止められないエネルギーに変化していった

 

じゃあ‥最初はモニターさんを募集しますね

と言うことで10名あまりにセッションを受けて頂いた

皆さん変容していく

セッションの内容はカウンセリングと

浄化のエネルギーワークと目覚めを促すディクシャだった

 

効果があることが明らかになって

本格的にセッションを始めたのは2012年だった

沢山のお申し込みがあった

最長で1年半(月2回)受けて頂いてすべての方が目覚めていった

中には1〜3回程度のセッションで目覚めた方もいらっしゃった

 

セッションを受け始めて3〜4名くらいは、自主的におやめになった方もいた

目覚めそうになると、自我が消える事

(実際は消えるというより主体と客体が統合した意識なのだが)

が恐くなってしまったり

自分の内を観ることが恐いとおっしゃって

 

それはそれでそういう縁だと思うし

私も当時は伝え方が未熟であったかもしれないし

とにかくお受け頂いたすべての方に感謝しかない

 

そしてまた、そうこうしている内に出会いが重なって

色々なヒーラーさんに目に止めて頂く流れとなり

(その節はありがとうございます)

ヒーラーさんのエネルギー調整をさせて頂く中で

私はこういう、エネルギーワーカーの世界を全く知らなかったし

エネルギーワークの相場みたいなものを知らなくて、色んな方から安すぎるわよと助言を頂いた

 

私は度々無償で提供したい気持ちと

日々の物理世界の生活には少なからずお金が必要だというバランスに揺れていたとおもう

お金のことは、私もセッションをしていきながら学んでいった

 

今でこそ経験をつんでなんの準備もなくスッとセッションに臨めるけれども、当時は開始1時間前から瞑想をして心身を清め、終わった後にも1時間くらいはクライアントさんのカルテを書いたり、セッションに関することに向き合っていた

 

Twitterのおふざけ呟きとはうらはらに

全力でクソ真面目にやってきたとおもう

(ちなみに私が仲良いヒーラーたちは皆本当にエゴのない真摯な人たちです)

 

時にクライアントさんの状態により、申し込まれた時間内でエネルギーワークが充分でなかった場合にはお休み頂いている際にあとからこっそり遠隔でワークを続けたこともあった

 

セッションをさせて頂けば頂くほどに

私自身の学びにもなったし、また純化していった

クライアントさんという存在がありがたかった

 

 

 

私の活動は時折区切りをつけて休止に入る

きっかけは様々だが

そういう時はだいたい内面が静かすぎて

そこでもうすべてを果たしたような

在るだけですべてを完了している

そういった静けさから動かなくなる

なにも言うことがない

 

そういった流れが来るたびに

呟くことも

活動もこれにておわり

という感覚になってることは正直なところだ

 

だけど

終わりは始まり

背中合わせで

毎度、もうよい

と感じても

また始まる

始まりも終わりも

なきところで

明日のことは知らない

毎瞬間

この瞬間に

ただ 在る

それだけだ

 

 

 

 

この記事の冒頭で

私の体験の話しをしてきたのは

私のことを知ってほしいからとは少しちがう

と書いたけれど、それは今書いているこの記事も同じことで

誰かに読んで欲しいから書くというスタンスではない

 

そういう、流れだから、書く

それ以上でもそれ以下でもない

 

例えばひとつの花が咲いてゆくときに

そこには種だけでなく土もあって水もあって日の光もあるでしょう

 

色々なものが相互作用で紡ぎあって 宇宙は 世界は成り立つでしょう

 

そこに、なんで

という理由はない

 

それが宇宙の流れだ

それだけだ

 

書くことにより誰かという私(すべて)に紡いでいる

それだけだ

すべては分かれていないから

 

ありがとう

ありがとう

 

 

広告を非表示にする

無題

最近益々言葉にするのが難しいです。

 

表れたものすべてが、今そのままでいい。

 

それが空の、神の表れだから。

 

そしてそんなシンプルなことを

 

言葉にすることが難しいと書くことさえも

 

空の表れだから。

 

 

 

 

広告を非表示にする